http://chihiroenikki.blog54.fc2.com/ ほのぼのコミックエッセイ漫画 チヒロ絵日記 第16話 走れ!ちゃたろー!  6.絶対安静

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

第16話 走れ!ちゃたろー!  6.絶対安静

 2010-04-23
ちゃたろーくんのヘルニア闘病記を最初から読む方はこちらから 16-1runchataro.jpg 16-2runchataro.jpg http://e-nikki.x0.com/ ちゃたろー君の闘病記第6話です。このように東洋医学と西洋医学ではこの病気に対するスタンスが大分違います。これはどちらが正しいということではなくやっていることが違うのだろうと思います。西洋医学的に一般的な、体重制限や段差の昇り降りの禁止と いった予防法はこちらの病院では指導されません。チヒロも発症前まではドッグフードを制限してあげていたのですが、先生に「もっと太らせてください」と言われて以来、手作りご飯をもりもり食べさせております。その結果、チヒロの場合は体調がよくなり「元気」になりました。何が良いかということは一概には言えないでしょうが、そんな考え方、治療の仕方もあるのだということをまずは知っていただけたらと思います。  ゆきたこーすけ                                    
スポンサーサイト
コメント
西洋医学と東洋医学では、こんなにも違うんですね!
うちもMダックス(1歳)を飼ってるんで、本当に心配してます。
よくジャンプしたり後ろ足で立ったりするんで、
「ダメー」って言ってるんですが・・・これも東洋医学ではOKなのかしら??
【2010/04/23 11:07】 | マル #- | [edit]
一番乗り!・・・ならずww
今日は更新がお早いんですね。
がんばれ!ちゃたろー!
【2010/04/23 19:04】 | るぱんです #- | [edit]
西洋と東洋の医学ってこんなにも差があるんですね!!
びっくりしました・・・。

腰の為には体重制限も必要かと思ってましたが、体を支える足に筋肉がついてないと歩けないですもんね!!!

灸はヘルニアの治療というよりも麻痺状態の治療なんですね!!
でも麻痺が取れるってすごいです!!!!

ちゃたろー君が早く麻痺が取れて元気に走りまわれますように!!!!
頑張れ!!ちゃたろーくんとちゃたろーくんのパパ・ママ!!!
【2010/04/23 20:32】 | はる #qKuIJ8qA | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/04/26 00:06】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/04/26 02:52】 | # | [edit]
治療に対する姿勢というかとらえ方がこんなにも違うんですねー。
色々なことが真逆なのもビックリです。
もちろんどちらが正しいとはいえないのだとは思いますが、「走れるようになるまで通ってください」という前向きな言葉はほんとに飼い主さんには心強いですよね。
がんばれちゃたろーくん!
【2010/04/27 11:00】 | ぷみまる母 #hRWsOfPs | [edit]
前の先生とおっしゃる事がことごとく違いますね~!
西洋医学、信じていたのでびっくりです。なんだか怖くなってきました。

自分もお医者さんにかかるときはこれからは気をつけようとおもいます~(><)

ちゃたろー君、遠くて通うの大変だけどがんばってね~!
良い鍼の先生に出会えて、よかった、よかった^^♪
【2010/04/27 21:09】 | デコリンコ #- | [edit]
>マル様
私もチヒロがこの病気になるまで、通常の西洋医学の獣医さんに通っていたので、ジャンプとかソファに飛び乗ったり、階段をかけあがったりはヘルニアの原因になるので、ダメと言われていました。
昔から病気がちな子だったので、獣医さんにもよく通っていて、先生の言われることは絶対だと思っていました。
ただ、チヒロは体重管理も運動制限もかなり気をつけていたつもりですが、ヘルニアになってしまいました・・・。基本的に犬は勝手に動きますし、完全な制限って難しいと思うんですよね。
東洋医学では無理して運動制限させたり、逆に激しく運動させたりしなくても本人が動きたいように動かしていればいいですよ~、と言われましたよ。
何を選ぶかは飼い主さん次第だと思いますが、チヒロには東洋医学はあっていたようです。

>るぱんパパ様
たまたまチヒロパパのお休みのシフトがうまい具合に更新前に入っていて更新しやすかったんですよ。ほんとは金曜日の朝には更新していたんですけどね~。
なかなか仕事の都合でうまくいかず、ギリギリになってしまうこともしばしばです。
るぱんくんその後どうですか?
てんかんのほうも落ち着いたのかな?
最近更新がないので気になっています。また近況アップしてくださいね!

>はるさん
そうなんです!なんだか不思議なんですけどね~。西洋医学では悪いところを切ってとったり、薬で症状を抑えたり、というのが主流の治療だと思うのですが・・・。
東洋医学は生物がもっている治癒力を最大限まで高める治療のようなんですよね。
なので、チヒロのヘルニア部分を直接切除したわけではないので、ヘルニアはヘルニアのままだと思います。
鍼の先生はあっさり「麻痺をとるだけなんです」って言われるんですけど、やっぱり不思議でたまりません。

>ぷみまる母様
そうですね。同じ獣医さんでもいっていることが全然違う!
どちらが正しいか、ではなく、ひとつの意見だけに耳を傾けるのではなく、いろんな考え方や治療法を聞いて、飼い主が自分で考えて、決めることが大切なのだと思います。
結局どの治療も試してみないとわからない、というところがあるので、その治療法を納得して選ぶためにもほかの選択肢やほかのお医者さんの意見を聞くのは大切ですよね。

>デコリンコ様
完全に西洋医学がだめ、とは思いませんし、西洋医学でも信頼できる先生はたくさんいると思いますし、西洋医学でしか治せない病気があるもの確かですが・・・。東洋医学というとなんだか古い感じがして、本当に効果があるの?というようなあまりいイメージがないのは残念ですね。
病気によって、西洋医学が向いている病気と東洋医学が向いている病気とあると思うのですが、私は通常の犬のヘルニアといわれる症状には鍼治療というのはかなり有効な手段だと思っています。
あえて手術をしなくても、鍼を打つだけで元気になるなら、試してみる価値はあると思うのです。
デコリンコさんはその後体調はどうですか?
ブログ更新楽しみにしてるので、あまり無理なさらないでくださいね!
【2010/04/30 21:15】 | チヒロママ #uvrEXygI | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chihiroenikki.blog54.fc2.com/tb.php/40-0fa4035a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
チヒロ絵日記(旧サイト)
最新記事
プロフィール

パパ (ゆきたこーすけ)
ビートルズと黒澤明と卵かけごはんをこよなく愛する。特技はカップ焼きそばをおいしく作ること。

ママ
このブログの管理人。 アメリカ人のような英語力と韓国人のような顔を併せ持つ(ひんぱんに韓国人と間違えられる)性格は大胆で大雑把。

チヒロ 
とてつもなく人なつっこいミニチュアダックス(12歳 ♂)誰にでも瞬時になつくというと特技を持つ。ママとお芋が大好き。

最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
感想・その他はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。